利用しやすくなった

食材

昔に比べてふるさと納税に関する様々な制度が誕生しているので、利用しやすくなっていると言われています。特に確定申告が不要になったことは大きく、それによって利用者は増えるでしょう。

View Detail

特典が得られる

風景

納税をするとなるとただ税金を納めるというイメージですが、最近では納税をするとその地域の特産品がもらえるふるさと納税というものがあります。楽しみながら納税ができるとして近年注目を集めています。

View Detail

地方に活気を

野菜

地方創生を目的として始められたのが、「ふるさと納税」という仕組みです。ふるさと納税では、希望する自治体を納税者が選ぶことが出来ます。納税した自治体からお礼の品として特産物をもらうことが出来たり、税控除を受けることが出来るなどのメリットがあります。その為、各地でおすすめとされているでしょう。 ふるさと納税を利用した場合で、税控除を受けたいといった場合、以前は確定申告を行う必要がありました。しかし、2015年4月に税制改正が行われたことにより、覚醒申告の手続きを省くことが出来る場合があることや寄付の控除額が増額されるなど納税者に対してより多くのメリットがあるようになりました。 このような理由から、今後はますますふるさと納税を行う人が増えると考えられます。

おすすめされているふるさと納税を行う上で、注意しなければならないこととしては、控除額・軽減額をあらかじめ確認しておくということがあります。特に、節税効果を期待している場合には、控除額・軽減額を間違ってしまうと、節税効果を得ることが出来ない可能性があります。 ふるさと納税の申し込みのルールは自治体ごとに異なりますので、確認しておくようにしましょう。特産品を受け取る回数に制限が設けられている可能性がありますので、注意が必要です。 なお、自治体に寄付をする人と税控除を受ける人は同一でなければなりません。つまり、配偶者にのみ収入がある専業主婦が自分の名義で寄附を行なった場合には、控除を受けることが出来ないということになります。

ふるさと割という言葉を聞いたことがないという人は多いと予想されます。ふるさと納税は確定申告や控除など難しい部分が多々あるのですが、ふるさと割というのはとてもシンプルでお得になっています。旅行をする際などに活用することが出来るので、行きたい県が対象になっているか確認して予約をするものとなっています。普段の料金より格安料金で利用することが出来るのですが、利用する場所によって条件が設けられているので予め確認することが大切です。例えば、同じ宿泊施設を4泊利用する条件などがあり、4泊以下では対象外となってしまうので注意しなくてはなりません。そのため、ふるさと割を利用する際は必ずホームページで条件を確認し、利用するようにしましょう。

まずは仕組みを知ろう

魚

ふるさと納税を納めるときは、年末調整のときにミスがないようにと仕組みをしっかり把握しておきましょう。正しい方法を用いて申請することによって税金控除の対象になります。

View Detail